住宅ローン見直しの注意点

住宅ローン,見直し,タイミング

初めに契約していたローンの金利よりも低い金融機関を見つけたとき、
それは借り換えをするタイミングでもあるかもしれません。

 

しかし余計な費用がかかったりなど、結果的に損をしてしまう場合もあるます。
そのため住宅ローンの見直しには注意する点がいくつかあるので、知っておく必要があります。

 

住宅ローンの見直し検討する時に注意するポイント

住宅ローンの見直しで一番多いのが、他の金融機関への借り換えです。
その時、借り換えには諸費用があることを知っておく必要があります。

 

初めにローンを契約したことがあるなら知ってしる人も多くいますが、
住宅ローンを契約するには印紙税をはじめ、登録免許税、司法書士への報酬、
火災保険、ローン保証料がかかります。

 

借り換えをする場合はその費用に抵当権抹消手数料がかかります。
この諸費用は何十万もするため、借り換えの際には総合的に諸費用よりも
多くお金を浮かせることが可能な金利プランを選択しなければ意味がありません。

 

窓口などでシュミレーションも可能なので、借り換えでどのくらい返済額が減らせるか試してみることをお勧めします。

 

他には、住宅ローンの控除にも注意が必要になります。
住宅ローン控除は、借り換え後でも継続できます。

 

しかし、住宅ローン控除の条件には、返済期間が10年以上あることが必須ですので、
新たに借り換えをした際の返済期間を10年以上にしておかなければ、
住宅ローン控除を継続して利用することはできないのです。

 

あとは、借り換えの際の金利だあったり、ローンの残り金額が1000万以上など
条件を満たしているかに注意します。

 

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


TOPへ