住宅ローン見直しの優遇金利

住宅ローン,見直し

住宅ローンの見直しのポイントは、住宅ローンの金利にあります。

 

住宅ローンの金利には、金融機関が定める条件をクリアし、基準の金利よりも低く設定されている優遇金利というものがあります。

 

さらに打ち分けると当初期間優遇全期間一律優遇の2種類に分けられます。

 

当初期間優遇の優遇金利内容

当初期間優遇は固定金利選択枠に当てはめられ、
最初の借入れの際には通常の金利よりも約2%近くも低く設定されます。

 

しかし返済終了の頃には1%程に変わります。

 

全期間一律優遇の優遇金利内容

全期間一律優遇は変動金利に当てはめられます。
最初の借入れから返済完済までの間、決まった一定の金利が優遇されます。

 

通常よりも低い金利で借り換えできるのなら、優遇金利で借り換えしたいと思うほど魅力的なプランです。
しかし、金利が低いというメリットだけではなく、デメリットもあり利用する場合は十分に注意が必要になります。

 

優遇金利の利用方法まとめ

優遇金利を利用するには、利用する金融機関に給与の振込口座を設定することと、
電気・ガス・水道・税金といった公共料金の引き落としの設定が必要になります。

 

また、銀行が発行しているクレジットカードの申込みを条件としている金融機関もあります。
低い金利設定を売りにして、顧客確保が狙いなのです。

 

面倒なことが後々起こらないように条件をしっかり確認し、問題が無いか判断しなければいけません。

 

そして、待遇金利の期間がいつまでなのかハッキリさせることも大切です。
待遇金利の期間が決められている場合、期間終了後の金利がどうなるかによって、
住宅ローンの返済にもかかわってくるので、そこはしっかり把握しておくことです。

 

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


TOPへ