住宅ローン見直しと借り換え費用

住宅ローン見直し

住宅ローンを契約すると、印税費や手数料など諸費用がかかります。
借り換えの際にもそのような諸費用がかかります。

 

借り換えを検討している場合、金利のことだけではなく諸費用も含めて考えておくことです。

 

借り換えにかかる諸費用

契約書に貼付する印紙税は、借入れ総額1000万円~5000万円以内で2万円程度、
5000万円~1億円以内で6万円程度かかります。

 

そのほかには事務手数料に3、4万円かかり、司法書士に抵当権設定の登録を
依頼するのにも3~10万円の費用がかかります。

 

抵当権の抹消届けにかかる費用

借り入れ前のの住宅ローン抵当権の抹消届けも行う必要があるので、抵当権の抹消費用もかかります。

 

抵当権抹消費用は、不動産1件につき数千円でできるのですが、
これらの費用を合わせれば、金額は大きくなり、負担となってしまいます。

 

保証料にかかる費用

また、借入金や返済年数にもよるのですが、保証料もかかるとなると、2500万円の借り換えで
返済期間25万円だとすると、合計約66万円程度の諸費用がかかる計算となります。

 

住宅ローン借り換えにかかる諸費用まとめ

諸費用を貯金から出せればいいのですが、諸費用に数十万となると悩む人もいれば、
負担すること自体難しい場合もあります。

 

そのような場合でも借入れ可能な方法があります。
諸費用のほとんどが保証料が占めていますが、金融機関のなかには保証料がないところもあります。

 

一番高額となる保証料がないとなると、かなり負担は軽くなると思います。

 

しかし、保証料が無い分、手数料などが他よりも高くなっている場合もあるので、
全ての料金を調べておくことが大切です。

 

また、諸費用をローンに含めて借り換えする方法もいいかもしれません。
月々の支払いに上乗せされますが、一括で数十万を支払うこ

 

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


TOPへ