住宅ローンと家計の見直しの必要性

住宅ローン見直し

幸せな生活を送る事を夢見て、マイホームを購入する人が多いのです。

 

しかし、実際に何年も必要な住宅ローンの返済に加え、毎年かかる決して安くは無い固定資産税、マンションでは管理費修繕積み立て費駐車場代にお金がかかってきます。

 

マイホームは購入して終わりでなく、その後も思った以上にお金がかかるものです。

 

住宅ローンの月々返済できる額は、生活ギリギリの金額を計画するのではなく、ローン以外にかかる費用も計画内に入れておくことが大切です。

 

しかし景気などで収入も減る可能性も出てきたとき、家計は火の車になってしまいます。
そうなってしまった時は、まず家計の収入と支出を見直す必要があり、生活していく上での費用にムダがないか確認します。

 

私たちが生活していく上で必要な生活費や、住宅ローンの返済、保険、子供がいれば教育費が必要になります。
その中でも特に見直するポイントは、生活費住宅費用保険です。

 

生活費の見直し検討

生活費は、収入の10%程度ならば削ることが可能といわれるほど、意外とムダに使っている部分があります。

 

買い物などの明細をこまめに取ることで、ムダ使いを無くすことができます。

 

住宅費の見直し検討

また、住宅費は収入の約25%を超えていると、非常に家計に負担がかかっていると感じている人がほとんどで、その点も見直す必要がでてきます。

 

住宅費は借り換えをして月々の返済を減らし、収入の20%以下にすることがが好ましいとされています。

 

生命保険の見直し検討

また、生命保険なども余計なプランで契約していることも多くあるため、本当に必要なものだけを契約するといった見直しも必要です。

 

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


【住宅ローン見直し検討】関連記事

TOPへ