住宅ローンの見直しを検討する必要性

住宅ローン見直し

住宅ローン見直しを行うと、お得になるケースが多いです。
多くの方は、最初に住宅ローンを組む時は、不動産会社の言われるがままにしてしまうケースが多いです。

 

住宅ローンは一生の内で何度も経験するものでは無いため、不明点が多く難しく感じるのが事実です。
しかし、5年も経つと経済状況は変化してきて金利も変わっていたり、
もっと便利は見直しローンも誕生しています。

 

最近では、住宅ローンの見直しを行う「住宅ローン見直しプラン」も充実して来ていますので、
きっとあなたに合ったプランを見つけることもできます。

 

住宅ローンの見直しを行ったことで、総ローン返済額を何百万円も削減できたケースも多いです。
本サイトでは、住宅ローンの見直しを行う時の重要なポイントを記載していますので参考にして下さい。

住宅ローン見直しのおすすめサービス

住信SBIネット銀行の特徴
団信・全疾病保障が付いても金利上乗せなし!
・業界最安値水準の低金利が魅力!
・繰上返済手数料無料
・借り入れまで来店の必要なし
住信SBIネット銀行の総評
ポイント
・住信SBIネット銀行の住宅ローンは、何と言っても低金利が魅力的!
・加えて団信・全疾病保障を付けても金利の上乗せが無いのが良い!
・繰上げ返済時の手数料も無料
 「全額繰上げ返済で固定金利特約期間中の場合のみ32,400円(税込)」
>>長期固定金利の「フラット35」もおすすめです!!

住宅ローンという金融商品とは

金融商品

住宅ローンという金融商品
マイホームを購入したり、改築などしようと考えている人を対象に、住宅ローンという商品が金融機関にあります。

 

住宅ローンは、マイホーム購入者が金融機関からお金を借りて、マイホーム代金を立て替えてもらい、
金融機関に月々返済をしていくかたちになります。

 

金融機関は、借入れの利息を利用者に請求でき、それが収入となる目的型ローンの一種類になります。

 

借入れの金額が大きく、借入れ期間が長ければ長いほど、
利息も大きくなるため、金融機関にとってとても大きな収入といえます。

 

住宅ローンの検討は難しい!?

しかし、利用者はあまり住宅ローンについて知っている人は少なく、マイホームを購入する際には、
不動産会社が推薦したり提携している銀行に、申し込む人が多く居るのが現状です。

 

しかし、住宅ローン(見直し)には様々なプランがあったり、銀行によって特徴があったりします。

 

言われるがままに契約していると、予想以上に利息が高く、総支払額が多くなってしまいるケースもあります。

 

そのため住宅ローン見直しの検討は、他人任せにするのではなく、しっかり内容を理解し、
自分が納得するプランで契約することが大切です。

 

住宅ローンには見直しプランがある!

住宅ローン見直し

もし何となく契約してしまっても、後で住宅ローンのサービスを行っている銀行を変更する方法もあります。

 

それを住宅ローンの見直し(見直し)といいます。

 

住宅ローンは、年々金利の引下げや経済情勢に合わせてプランも変わってきています。

 

最初に契約したプランよりも、もっと金利が安く、サービス内容も豊富なプランが出てきています。

 

現在契約しているプランより金利が安いものに見直しすれば、
金利率によっては100万円以上も金利を安くできる場合もあります。

 

新たに借入れをする事で支払い期間を伸ばすことができ、月々の負担を減らす方法もあるため、
住宅ローンの見直しを検討する人が増えてきています。

 

現在の住宅ローン見直しの商品は、流通系の銀行やネット銀行も住宅ローンサービスに参戦しており、
他に無い様々な特典があったりなど、利用者にとって嬉しい特典もあります。

 

もっとお得にマイホームを購入して計画的に返済するために、
一度真剣に住宅ローンの見直しをする事をお勧めします。

住宅ローンは誰でも利用できるの?

誰でも利用できるの?

マイホームを購入したり、今ある家を増築などリフォームする際には、数千万かかることが殆どです。

 

全額払える蓄えがあればいいのですが、なかなか全額一括現金で払える人はおらず、銀行などからお金を借りて家を購入したり、リフォームすることが多いです。

 

この資金を借りることを住宅ローンと呼び、その際建物や土地が担保となります。

 

住宅ローンは住むことが目的で購入するなら、特に決まりはありません。

 

新築を購入する時だけローンを組める訳では無く、中古の一戸建てやマンションも住宅ローンを利用できます。

 

さらに、住む建物を建てるための土地の購入だけでも、住宅ローンを組むことが可能です。

 

マイホームの購入計画は、建物と土地を含めた金額だったり、土地だけだったりと、その人その人に合わせて、ローンが組む事ができるのです。

 

住宅ローンは誰でも利用できる訳ではない。

しかし、住宅ローンは誰でもローンを組めるわけではなく、銀行による審査が行われ、
審査結果によって住宅ローンが利用できるかどうかが決まります。

 

それによって、マイホームを手に入れるかできないかに分かれてしまうのです。

 

住宅ローンの審査には2段階あり、まずは事前審査が行われます。

 

事前審査は仮審査とも呼ばれており、利用者の返済能力や信用度を見極めます。

 

この事前審査が重要で、提出するものも源泉徴収を始め、数多くあります。

 

間違った情報や変更などある場合は、すぐに訂正しておくことが大切です。

 

そして事前審査が通れば、次は信用保証会社が本審査を行います。

 

本審査が無事に通れば本契約できるのですが、住宅ローンの種類や、保証内容、
また月々の返済額や金利が今後の生活に関わってくるため、慎重に選ぶ必要があります。

住宅ローンを見直す時期や目安、タイミングとは?

住宅ローンを見直す時期や目安、タイミング

住宅を新築したり、リフォームする際に住宅ローンを組み資金を借ります。

 

土地や建物が担保となり、借りる額も大きいことから借りる際は、
仮審査や書類の提出などがあり、本審査まで含めると早くても1か月はかかります。

 

借りる際、固定金利型変動金利型のどちらかを選択しますが、
固定金利の場合、3年、5年、10年、15年と区切られており、
その時の金利の変動に応じて住宅ローンを組む際の金利も変わってきます。

 

そのため、借りたときよりも現在の方が金利が低い時もあり、
見直しをした方が利子を多く払わなくて済む場合があります。

 

住宅ローンの見直しを考えるタイミング

住宅ローンの見直しを考える時期は固定金利の場合、
決められた期間の最後の返済日から1か月以上前が良いでしょう。

 

最新の金利は、前月の中旬にならないとわからないため、
正確な金利はわかりませんが、おおよその目安に考えることはできます。

 

他の銀行に借り換えを行う場合には、担保の変更や手続き、審査などに1か月ほどかかります。
また、今ある銀行に一括返済をするのでその準備も必要になります。

 

そのため、タイミングを見計らい余裕をもって行動すると良いでしょう。

 

住宅ローンの見直しを行う時は、30万弱ほどかかることがあります。
その時になって慌てないよう、前もって見直しの資金も準備しておくようにしましょう。

住宅ローン見直しで低金利なら変動から固定でフラット35が有利な理由

フラット35が有利な理由

住宅ローンの見直しは是非検討した方がいいです。

 

今の日本の低金利は、史上最低レベルになっています。
これほど低い状況なので、この金利も今後上昇する見込みがあります。

 

確かに変動ですと低い住宅ローンで金利は0.8%ぐらいですが、低金利のメリットは十分に活用できます。
今後は少しでも金利が上昇すると、負担額が増えてしまし返済計画に支障がでます。

 

例えば、利率が1%上がると借入が3,000万円では年間で30万円の負担増になります。
月々の支払い額が多くなってしまいます。

 

長いスパンでの返済計画を考えておかないとならないのが住宅ローンです。
現在の日本の低金利の時こそ、借り換えローンの検討を行う価値があります。

 

今現在、変動金利の方や、また固定金利の適用で3年とか5年ぐらいの住宅ローンの方は、
長期の固定ローンのフラット35が有利です。

 

フラット35のメリット

フラット35は、金利基準はおおよそ変動の1.5から2%のプラスであり、
最大35年の長期にわたり固定された金利で支払います。

 

フラット35の金利の場合には、明確な返済計画を立てることも可能ですので、
子供の教育費や病気などで収入が減るお金のリスクを加味しながら、安定した返済が見通せます。

 

フラット35の住宅ローンの見直しも、受託する銀行によっては手数料が優遇されるケースもあります。
これからの人生設計の見直しとして検討してみることは重要です。

住宅ローンの見直しは金利差を考慮するればメリットがある!

金利差

住宅ローンの見直しは、金利差を考慮するればメリットがあります。

 

現在、日本の金利は大変低い状況になっていますので、
借り換えローンのチャンスです!

 

15年程前は固定金利が4%前後でしたが、
現在は固定金利は2%以下です。

 

住宅ローンは長年にわたっての返済期間があるので、
金利差は総返済額に大きく影響します。

 

見直しを行う場合には、総額でどの程度利点があるのかを確認することが第一段階です。
現在の返済表などを金融機関に持ち込み、見直し計算をしてもらうのが有効です。

 

総返済額は単に金利差だけで決まるものではない

住宅ローンの見直しを行うと事務手数料保証金が必要になる場合があります。

 

金利差がある割には総返済額が大きく違わない場合があります。
住宅ローン見直しに伴う事務手数料は、数十万円程度になるため総返済額に影響を与えます。

 

見直しを行う場合には、金利差が1%以上で借入額が大きいほど総返済額に差が生じます。
見直しを思いついたら、できるだけ早期に金融機関で計算をしてもらいうのが得策です。

 

なお、その場合には固定金利にするか、変動金利にするかを選ぶことになりますが、
十分に検討してから決めるべきです。

 

固定金利は変動金利に比べて金利が高いですが、
返済中の金利上昇が無いため返済計画が立てやすいメリットがあります。

見直しの相談するなら都市銀行とネット銀行のどちらが良いの?

ネット銀行

住宅ローンの見直しを検討するのは主に下記の時です。

  • 固定金利の期間が最終日を迎えそうな時
  • 変動金利を選んでいる際、金利の動向を見て変えた方がよいと思った時

 

住宅ローンは都市銀行地方銀行で行われていますが、
ネット銀行でも取り扱われており、ネット銀行の方が金利が低いことが多いです。

 

そのため、都市銀行に相談するか、ネット銀行に相談するか、まずはその選択に悩みます。

 

気を付けなければいけないのは、見直しをする際にどのくらいの費用がかかるかという点です。
住宅ローンの見直しは、銀行自体を変えるということですので、建物や土地の担保の権利も移動します。

 

権利を移動するにはトータルして30万ほどかかることがあるので、
そのことも考慮しておくと慌てずにすみます。

 

見直しを検討する時の基準

見直しを検討する時の基準としては、以下の3つがあります。

  • ローンが1千万円以上あること
  • 金利の差があること
  • 返済期間がまだ長いこと

 

返済金額が多く返済期間も10年以上ある場合は、見直しを考えても良いでしょう。

 

その際、すぐに一つの銀行に決めずに様々な銀行に問い合わせをして、
きちんと相談することが大事です。

 

ネット銀行も様々な特典があり、生活に密着したローンの内容が多くなっています。
なお、繰り上げ返済の際には手数料がかからないのも基準の一つです。

住宅ローンの見直しを検討する時の参考情報

住宅保証機構

住宅保証機構(じゅうたくほしょうきこう)は、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人です。
個人のお客さまへは、各種保険や制度を利用できる事業者情報が公開されています。
新築住宅を建てる購入する時に住宅瑕疵担保履行法に対応したまもりすまいリフォーム保険を斡旋しています。

 

住宅ローンシミュレーション

住宅保証機構の住宅ローンを利用する時に必要になる返済シミュレーションです。
下記の6項目からシミュレーションが詳細に行えて便利です。

TOPへ